自動車保険とは

自動車保険って何でしょう?

自動車保険って何でしょう?

自動車保険って必要なんでしょうか?自賠責保険に加入していればいいんじゃないの?保険って分りにくいですよねえ。というか分らない。

しかしながら自動車保険は自動車を運転する以上、自賠責保険とは別に自己負担で加入すべき保険です。

自動車を運転する以上は守るべきルールがあります。
車検時に自賠責保険に加入して、
別途自己負担で任意自動車保険に加入する。
これは車を運転する以上必須事項ですねえ。

 

自動車保険はなぜ必要なのか?
自賠責保険は怪我のみ 自賠責保険は対人賠償のみです。しかも上限は傷害で120万円・死亡後遺障害で4000万円。
4000万超過の事故の確率は低いですが傷害の120万円はすぐに突破します。
対物賠償は任意自動車保険から 交通事故の多くは物損事故です。自動車の修理代は高額です。自己負担出来る金額ではありません。
示談交渉付き 自賠責保険は示談交渉はしてくれません。
任意自動車保険の最大の売りは示談交渉付きという点です。プロですからねえ。何があっても安心です。
自動車保険がいらない人 ①ものすごいお金持ち
②敏腕弁護士がいて気軽に頼める人
③交通事故を100%起さない人上記3つに当てはまる人はまずいません。実質自動車保険は車を持つ人はすべて加入すべきですねえ。