未分類

見積もりの必要性

自動車保険一括比較見積の必要性

自動車保険を毎年自動で更新しているだけという人は多いですねえ。毎年保険の代理店さんが来て比較検討をしないまま毎年が過ぎていく。自動車保険一括見積の必要性

そのような時代は終わりました。デフレ経済の中、固定費である自動車保険料は削減しなくてはいけない項目の一つです。

自動車保険自由化移行各社あの手この手で新しいサービス・特約を展開していますが、一番気になるのは如何に安い自動車保険を契約できるか?これにつきますねえ。

毎年自動更新では無事故割引等級分ぐらいしか安くなりません。各社毎に営業戦略もあり、安い自動車保険を探す唯一の手段が自動車保険一括比較見積なのです。

 

自動車保険一括見積の必要性
各社の営業戦略の違い  自動車保険業界は飽和市場です。シェアを拡大する為に赤字覚悟で安売りをする会社もあります。その会社が何処なのか比較しないとわかりません。
損害保険会社としてトータルで黒字であれば問題ありません。
各社のターゲット層の違い  自動車保険会社毎にターゲットにしている年齢層は違います。
 自分の年齢がどの自動車保険会社に一番安く歓迎されるのか調べる必要はありますねえ。
自動車保険料を安くする  自動車保険会社を一括比較して安い会社に動く姿勢がみんなに広がれば、自動車保険会社は顧客を囲い込む為に更に安くします
神の見えざる手は何処で均衡しますかねえ。ボブの感覚では自動車保険料は高すぎる。もっと安くてもいいはずです。
一括見積が不必要な人 ①いい代理店とお付き合いのある人
②自動車保険料が負担じゃない人
③等級が16等級以上の人等級が上の人はあまり保険料を安くは出来ません。というか既に充分安い。逆に等級が一桁の人は積極的に一括見積を利用する姿勢が大切です。