bobu のすべての投稿

自動車保険って何でしょう?

自動車保険って何でしょう?

自動車保険って必要なんでしょうか?自賠責保険に加入していればいいんじゃないの?保険って分りにくいですよねえ。というか分らない。

しかしながら自動車保険は自動車を運転する以上、自賠責保険とは別に自己負担で加入すべき保険です。

自動車を運転する以上は守るべきルールがあります。
車検時に自賠責保険に加入して、
別途自己負担で任意自動車保険に加入する。
これは車を運転する以上必須事項ですねえ。

 

自動車保険はなぜ必要なのか?
自賠責保険は怪我のみ 自賠責保険は対人賠償のみです。しかも上限は傷害で120万円・死亡後遺障害で4000万円。
4000万超過の事故の確率は低いですが傷害の120万円はすぐに突破します。
対物賠償は任意自動車保険から 交通事故の多くは物損事故です。自動車の修理代は高額です。自己負担出来る金額ではありません。
示談交渉付き 自賠責保険は示談交渉はしてくれません。
任意自動車保険の最大の売りは示談交渉付きという点です。プロですからねえ。何があっても安心です。
自動車保険がいらない人 ①ものすごいお金持ち
②敏腕弁護士がいて気軽に頼める人
③交通事故を100%起さない人上記3つに当てはまる人はまずいません。実質自動車保険は車を持つ人はすべて加入すべきですねえ。

見積もりの必要性

自動車保険一括比較見積の必要性

自動車保険を毎年自動で更新しているだけという人は多いですねえ。毎年保険の代理店さんが来て比較検討をしないまま毎年が過ぎていく。自動車保険一括見積の必要性

そのような時代は終わりました。デフレ経済の中、固定費である自動車保険料は削減しなくてはいけない項目の一つです。

自動車保険自由化移行各社あの手この手で新しいサービス・特約を展開していますが、一番気になるのは如何に安い自動車保険を契約できるか?これにつきますねえ。

毎年自動更新では無事故割引等級分ぐらいしか安くなりません。各社毎に営業戦略もあり、安い自動車保険を探す唯一の手段が自動車保険一括比較見積なのです。

 

自動車保険一括見積の必要性
各社の営業戦略の違い  自動車保険業界は飽和市場です。シェアを拡大する為に赤字覚悟で安売りをする会社もあります。その会社が何処なのか比較しないとわかりません。
損害保険会社としてトータルで黒字であれば問題ありません。
各社のターゲット層の違い  自動車保険会社毎にターゲットにしている年齢層は違います。
 自分の年齢がどの自動車保険会社に一番安く歓迎されるのか調べる必要はありますねえ。
自動車保険料を安くする  自動車保険会社を一括比較して安い会社に動く姿勢がみんなに広がれば、自動車保険会社は顧客を囲い込む為に更に安くします
神の見えざる手は何処で均衡しますかねえ。ボブの感覚では自動車保険料は高すぎる。もっと安くてもいいはずです。
一括見積が不必要な人 ①いい代理店とお付き合いのある人
②自動車保険料が負担じゃない人
③等級が16等級以上の人等級が上の人はあまり保険料を安くは出来ません。というか既に充分安い。逆に等級が一桁の人は積極的に一括見積を利用する姿勢が大切です。

インズウェブ

自動車保険の見積会社インズウェブ

多くの自動車保険一括見積もり会社がありますが、継続的に消費者に還元サービスを行っているのはインズウェブだけです。

自動車保険会社の見積もりで見積もりサービス提供会社は損害保険会社から1件につき1,000円から2,000円は貰えます。一人5件一括見積もりすれば1万円近い売上です。

インズウェブは見積もりで漏れなく、500円のマックカードを消費者に還元しています。

サイト運営はソフトバンクインベストメントホールディングスが行っています。野村證券出身の北尾社長のいる会社です。

サイト概要
会社の大きさ 合併前のファイナンスオール社の売上は139億円。
合併後の会社SBIは平成19年度2,226億円の売上高。
通販の自動車保険会社より大きいです。
分りやすさ 自動車保険の見積もりだけでなく、情報がきちんと整理されています。血液型で言うとA型タイプのサイトです。
誠意あるサイト 自動車保険情報が充実しています。
単純に約款や保険用語を羅列するだけでなく保険という物を理解して自立して契約するよう様々な判断材料が提供されてます。企業としての誠意を感じます。
ボブの評価  他の自動車保険見積り会社に技術を提供する等、一歩進んだ会社です。

ボブもサイトを運営する上で、色々なサイトを利用していますが、インズウェブが一番分りやすいです。

実はボブもサイトを作るうえで保険の情報を仕入れる為によく利用させていただいております。

比較見積もり実行

いよいよ自動車保険の一括見積を実践してみましょう。慣れると5分もあれば出来ますが、最初は15分ぐらいかかりますね。

たった15分パソコンに向かい、データを入力するだけで、自動車保険料の削減という大きなメリットがあります。

自動車保険一括見積は、パソコンがないと始まりません。けどこのサイトを御覧いただいてるのであれば大丈夫ですね。

車検証・前年の保険証券・免許証を用意して、早速自動車保険料の削減にチャレンジしてみましょう!

自動車保険一括見積実践変編
用意する物 免許証・車検証・前年の自動車保険証券の3つがあれば比較見積をとれます。
時間がある時にやろう 一括見積は簡単なようで、最初は入力項目が多いので意外と時間はかかります。
自動車保険は大切な契約です。しっかり内容を間違いないようにしましょう。
500円のおまけもあり インズウェブでは、自動車保険の一括見積をした人に500円の商品券をもれなくプレゼントしています。
保険料も安くなりますし、一挙両得ですね。
管理人の見積結果 最大20社一括見積可能なインズウェブですが、管理人の場合8社から保険引受けの見積が届きました。車の車種・等級により見積が出来ない自動車保険会社も当然あります。
一番高いのが79,000円
一番安いのが63,000円。

なんと16,000円の保険料の節約が出来ました。