ようこそ見積君へ

自動車保険の一括見積する理由はいかに保険料を安くするかに尽きると思います。しかし対物賠償保険を上限500万に設定したり、保険として意味がないことはやらないほうがいいです。rank
保険は事故の時に、相手方にチャント賠償できるように契約すべきですね。対物事故で500万は超える時はあります。上限500万だと超えた金額は自己負担です。

自動車保険は3兆円オーバーの大きな市場規模です。3兆円というと毎日みている地上波テレビの市場規模と同じぐらいです。自動車保険は自由化が進むまで、許認可事業として損害保険会社が大きな恩恵を享受していました。

しかしながら保険自由化以降はその有望な市場に多くの企業が比較見積提供という形で参入しています。自動車保険は同じ補償であっても各社料金が違います。しかも料率改定を実施各社戦略を練って保険料を変更してきます。このサイトでは最新の保険料を確認し最安の保険を探していきます。

自動車保険料を安くするポイント
日常・レジャー使用 保険料は車の使用頻度で変わってきます。たまに通勤で使用するぐらいならレジャー契約が可能です。
通勤からレジャー契約にすると15%程度保険料が安くなります。
夫婦限定 運転する人を絞ると保険料は安くなります。家族限定無し>家族限定>夫婦限定>本人限定の順番です。
家族限定より更に3%程度安くなります。
年齢制限30歳未満不担保 年齢条件は保険料を算出する最大の要素です。一番チェックしないといけないポイントですね。
全年齢担保を30歳未満不担保にする事で50%程度安くなります。
21歳以上担保で23%程度安くなります。
搭乗者傷害保険無し 搭乗者傷害保険はあくまで傷害保険なので契約から外しても影響はありません。他に生命保険などの通院特約や傷害保険と重複してしまいます。
搭乗者傷害保険を外すと3%程度安くなります。
車両保険・車対車限定A 車両保険はホント高い。自動車保険料の半分程度と考えてもいいぐらいですねえ。
エコノミータイプの車両保険にする事で
30%程度安くなります。